★第一部光速度  鏡はなぜ左右逆に写るのか  カタランの予想  エルデスシュトラウスの法則  ゴールドバッハの予想  コラッツ予想  フェルマーの最終定理  4色問題  ポアンカレ予想  奇数の完全数  コリオリ力  創造的進化論  邪馬台国畿内説  悟りとは   瞑想とは  思考の道具 

鏡にはなぜ左右逆に写り、上下逆に写らないのか

1.左右には、特別な意味があるのか

 鏡は何故左右逆に写るのでしょうか。空間には、左右の他に上下前後もあります。空間の3つの次元の内、左右だけが何か特別な意味を持つのでしょうか。上下逆や前後逆には何故写らないのでしょうか。
 鏡に写した時、元の形と写った形とは、向かい合って同じ形です。その2つの形は、果たして左右が逆でしょうか。

2.180°回転させる

 元の物と鏡に映った形とを、同じ向きに向け比べる時、元の物を180度回転させなければなりません。 この時、縦軸を中心として180度回転させれば、左右逆になります。逆に横軸を中心にして180度回転させれば、 上下逆になります。他に斜めの軸もありますが、何故縦軸を中心に180度回転させなければならないのでしょうか。

3.何故、縦軸を中心に回転させるのか

 それは、人間の体が左右対称だからです。元の形と鏡に写った形とを比べる時、両者を出来る限り近い形にしようとします。だから頭の中で縦軸を中心に180度回転させているのです。
 自分の形が上下対称である場合を考えてください。当然横軸を中心に180度回転させて比べてみることでしょう。従って、鏡は左右逆に写るものではなく、実は前後逆に写っていたのです。