★第一部光速度  近日点の移動 マックスゥエル マイケルソンとモーレー 光行差 C−Vcosθ 物質収縮 自然哲学 物質変化 静止系 光速度不変の要請 逆変換 レーザー 速度の加法則 横ドップラー 時空間の変化 ローレンツ収縮 リングレーザージャイロ 同時性の相対性 ウラシマ効果 物質波

レーザー機器で光の相対速度を(C−Vcosθ)q/秒とする理由

1.ローレンツ変換を三角関数で表現する

 ローレンツ変換は、
@t’= (t−(Vx/C2)) / √(1−(V2/C2))
Ax’=(x−Vt)/√(1−(V2/C2))
By’= y
Cz’= z
ですが、これを三角関数で表現することも出来ます。
 変換前の光をD(x,y,z)=(Ct*cosθ,Ct*sinθ,0)とし(平面で説明します)、変換後の光を(x’,y’,z’)とします。
光速度不変の原理の要請により、√(x2+y2+z2)=Ct、かつE√(x’2+y’2+z’2)=Ct’が成立します。
 EにAからCを代入すると、
F√{((x−Vt)/√(1−V2/C2))2+y2+z2}=Ct’
FにDを代入すると、
√{((Ct*cosθ−Vt)/ √(1−V2/C2))2+(Ct*sinθ)2+02}=Ct*√{((cosθ−V/C)/ √(1−V2/C2))2+sinθ2}= Ct*√{((cosθ−V/C)2)*C2/(C2−V2)+sinθ2}= Ct*√{{((cosθ−V/C)2)*C2+ (sinθ2)*(C2−V2)}/(C2−V2)}=(t*C/√(C2−V2))*√(C2*cosθ2−2CV*cosθ+V2+C2*sinθ2−V2*sinθ2=(t/√(1−V2/C2))*√(C2*cosθ2+C2*sinθ2−2CV*cosθ+V2−V2*(1−cosθ2)= (t/√(1−V2/C2))*√(C2−2CV*cosθ+V2*cosθ2)= (t/√(1−V2/C2))* (C−V*cosθ)= (C−V*cosθ)* t/√(1−V2/C2)=Ct’
∴Gt’=t*(C−V*cosθ)/C*√(1−V2/C2)
となります。

2.現実の変換

 しかし、高速で移動するGPS衛星では時間の経過が
Ht’=t/√(1−V2/C2)
と遅れる為、内臓する時計は、
t’=t*√(1−V2/C2)
だけ、早く進むように設定されています(但し、今は重力の変化による時間経過の変化は考慮していません)。
 そうなるとGは、
(C−V*cosθ)/C=1
となり、矛盾します。V慣性系の光の相対速度は、
IC’=(C−V*cosθ)
でなくてはなりません。このことは、ロケットの自動操縦に使用するリングレーザージャイロ装置において、 光の相対速度を(C−V*cosθ)キロメートル/秒としていることからも、真実であることが分かります。光速度不変の原理は破れています。 光速度不変の原理は、マックスウェルの方程式において、光速度が不変であるとして計算しても、 現実の動きと一致する為に仮定された考え方です。


3.CATBIRD変換

 まとめると、速度Vq/秒で移動する慣性系に於ける時間・空間・光の速度は、
Gt’=t/ √(1−(V2/C2))
Dx’=(x−Vt)/√(1−(V2/C2))
Ey’= y 
Fz’= z 
HC’=(C−Vcosθ)
と変換されます。これをCATBIRD変換と呼びます。ローレンツ変換とCATBIRD変換とが異なる理由は、トップページを参照下さい。