★トップページ★ 近日点の移動 マックスゥエル マイケルソンとモーレー 光行差 C−Vcosθq/秒 物質の収縮 自然哲学 物質の変化速度 静止系発見 光速度不変の要請 逆変換 レーザー装置 速度の加法則 横ドップラー効果 時空間の主観的変化 ローレンツ収縮 物質とエネルギー< 重力の方程式 慣性質量と重力質量 リングレーザージャイロ装置 エネルギーと速度 光時計 同時性の相対性 ウラシマ効果 定常宇宙論 物質波 光と重力

物質をエネルギーに変える変換式

T.物質の移動の概念

超ひもが物質として振動すると、物質と観測されます。超ひもの振動が止まると、物質が消滅したと観測されます。 物質は移動していると見えますが、実際には超ひも自体は動かず、振動のみが次々と隣の超ひもに伝わっているのです。 物質波は、本来光速で超ひもの網の上を伝わります。何故なら、超ひもの振動自体が光速で伝わるからです。ビッグバン直後、 物質は光と同様に、自由に光速で移動していた、その後物質の移動を妨げるものが、宇宙を満たしたと考えられています。 その為に物質は、静止しています。その物質波の移動を妨げているのが抵抗波です。移動波を物質波に与えると、 移動波と抵抗波が、1本の超ひも上で振動するようになり、お互いに逆の振動なので、打消し合い消えます。 その為に物質波は、本来の光速で移動出来るようになります。

物質波には振動数があり、1つの物質波の振動を1つの抵抗波が妨げ、静止させています。1つの移動波が、 1つの抵抗波を打ち消します。物質波は1回の振動で、1つの移動波を発します。それが、重力波です。 物質間で重力波を交換し合っているので、物質波は無くなってしまうことはありません。物質波1つは、 1つ移動波を含むと光速で移動する様になります。物質波の振動数が多い程、多くの移動波を必要とします。 これが質量の意味です。

物質は4つの力で結合しています。移動波を含んで光速で移動しようとする物質と、移動波を含まず静止していようとする物質 とが結合しています。その割合が(V2/C2):(1−V2/C2)の時、その物質の移動速度は、Vq/秒となります。

U.加速の概念

速度Vq/秒で移動する物質に、更に移動エネルギーを加えると、光速で移動しようとしている(V2C2)の割合の物質には、 そのエネルギーの(V2/C2)が、静止しようとしている(1−V2/C2)の割合の物質には、そのエネルギーの(1−V2/C2)が更に与えられます。 光速で移動しようとしている物質に幾らエネルギーを与えても、それ以上の速度にはなりません。徒に移動波を大きくするだけです。 静止しようとしている物質に与えられるエネルギーのみが、物質の速度を増すのに有効なエネルギーです。速度Vq/秒で移動 している物質に、更に速度Vq/秒で移動するだけのエネルギーを与えると、静止しようとしている物質の割合は、
(1−V2/C2)2
となります。従って、光速で移動しようとする物質の割合は、
1−(1−V2/C2)2
なので、速度は、(1−(1−V2/C2)2)*Cq/秒となります。速度Vで移動するだけのエネルギーをN回与えるとその物質の速度は、
@(1−(1−V2/C2)N)*Cq/秒
となります。Nが幾ら大きくなっても、物質の速度はCq/秒になることはありません。

V.CATBIRDモデル

CATBIRDモデル

以上のことを、図1で説明します。9個の物質が結合しています。内3つの物質は移動波を含み、光速で移動しようとしています。 他の6つの物質は静止しようとしています。9つの物質は4つの力で結合している為、光速で移動しようとする物質(赤)が、 静止していようとする物質(青)を引っ張ります。

すると、移動波は静止しようとする物質(青)に移ります。今度は、移動波が移った物質が光速で移動しようとし、 移動波が無くなった物質は、静止していようとします。これを極短時間で繰り返すと、1つの物質波が光速で動こうとする時間は、 3/9秒で速度はC/3q/秒となります。

このC/3q/秒で移動する物質に、更にC/3q/秒で移動出来るだけのエネルギー(3つの移動波)を与えます。このエネルギーは、 光速で移動しようとしている物質にも、静止していようとする物質にも、その割合に応じて与えられます。従って、 3つの移動波の内1つは、光速で移動しようとしている物質に与えられ、移動波を大きくするだけで、速度は増えません。 2つの移動波が静止していようとする物質に与えられ、新たに2つの物質を光速で移動しようとさせます。これで、 光速で移動しようとする物質の割合は、5/9となるので、速度は(5/9)*Cq/秒となります。


@式に、(V/C)=1/3、N=2を代入すると、
(1−(1−(1/3))2)*Cq/秒=(5/9)*Cq/秒
です。

W.エネルギーの定義

このCATBIRDモデルを使って、質量がどれだけのエネルギーに変換されるのか、考えて見ます。エネルギーとは、 質量と速度で表わされます。つまり、エネルギーの量は、何g物質を、何q/秒で移動させることが出来るかで表わされます。 質量mgの物質がエネルギーに変換された時、そのエネルギーを吸収したngの物質は、どれだけの速度で移動するでしょうか。

X.エネルギー変換式

質量1gの物質が含む物質波の数をs個とします。すると、質量mgの物質が含む物質波の数は、s*m個です。1つの物質波は、 k個の移動波に変わるとします。質量mgの物質は、k*s*m個の移動波(エネルギー)に変換されます。その移動波(エネルギー)を、 ngの物質が吸収すると、その物質の速度はどれ位になるでしょうか。

 ngの物質は、s*n個の物質波から成ります。その物質に1つの移動波を与えると、光速で移動しようとする物質波は1つ、 静止しようとする物質波は、(s*n−1)個となります。従って、物質の速度は、
 (1/√( s*n))*Cq/秒
です。これをN回繰り返すと、静止していようとする物質の占める割合は、
(1−(1/√( s*n)))N
となります。逆に、光速で移動しようとする物質の割合は、
1−(1−(1/√( s*n)))N
となるので、速度は
(1−(1−(1/√( s*n)))N)*Cq/秒
です。質量mgの物質は、k*s*m個の移動波に変わります。従って、N= k*s*mを代入すると、
(1−(1−(1/√( s*n))) k*s*m)*Cq/秒 (CATBIRDエネルギー式と呼ぶ)
となります。
質量mgの物質がエネルギーに変わると、そのエネルギーは質量ngの物質を、速度(1−(1−(1/√( s*n))) k* s*m)*Cq/秒で動かします。